現代社会を陰で支える存在!EMC試験の概要と種類

EMC試験とはどういうものなのでしょう

EMCは、電磁両立性という意味を持つ英語の頭文字から取った略称のことです。簡単に言うと、その製品が強い電磁波などの妨害電波を発生せず、尚且つ妨害電波が発生する環境においても正常さを維持出来る性能を指します。この性能を十分に持ち合せていない製品は、現代社会において害が大きいため、それをテストするEMC試験は世の中を陰で支える存在といって過言ではないでしょう。本試験は、対象製品によって内容が異なります。たとえば大型の照射装置、スマートフォンやテレビゲーム機、電源装置などはそれぞれ電波の強度も使用シーンも違うためです。

EMC試験におけるエミッションテストとは

その製品が他の電子機器などに大きな悪影響を与える妨害電波を発するかどうかを調べるEMC試験を、エミッションテストと呼びます。エミッションテストは、その製品の発する周波数などにより、さらに放射性の妨害電波を発するかどうかのテストと、有線や地面を伝う伝導性の妨害波を発するかどうかのテストに分けられます。いずれも電波的に周囲から遮断された施設において実施され、基準値を超えなければ合格です。対象となるパソコンやスマートフォンなどの製品は、テストの間ずっと回転させられるんですよ。そうすることで満遍なく電波が放出され、信頼性の高いデータが得られるからです。

妨害耐性力を調べるイミュニティテスト

周囲の電子的な妨害に対して、製品として十分な耐性があるのか調べるEMC試験をイミュニティテストと呼びます。妨害電波を発するかどうかを調べるもうひとつのテストは歴史が古く、すでにその手法は確立されていますが、本テストは近年始まったばかりなので、国によって内容は大きく異なります。それでもある程度国際的に標準化されているものとして、静電気に対する耐性を調べるテストや、停電に伴う影響を調べるテストなどを挙げられるでしょう。いずれにせよ電子機器に対する人々の依存度は高まるばかりなので、本テストの世界的標準確立が急がれています。

EMC試験は電化製品などで外部からの電磁波などで影響を受けないか、器械自身が発する電磁波の影響を検査するものです。