包茎治療は医者の腕次第?選ぶポイントとは

仕上がりは医師にかかっている

包茎とは、男性生殖器に起こる症状であり、亀頭がいつまでも包皮に包まれている状態です。包茎にもいくつの症状があり、治療がすぐに必要な場合から様子を見ても大丈夫な場合まで様々です。しかし、症状が軽くても汚れが溜まりやすい、見た目が他の人と違うなど、コンプレックスを感じてしまう人もいるでしょう。包茎は病院で治療や手術を受ける事によって、思ったよりも簡単に改善できてしまうのですよ。しかし、執刀する医師によって仕上がりが大きく異なるとも言われています。そのため、医師選びはとても重要なのですよ。

自然な仕上がりが求められる

包茎手術に求められるのが、できる限り自然な仕上がりになる事でしょう。手術をしたことが周囲にわからないように、切開や縫合が求められます。はっきりと傷跡が残ってしまうと、不自然さが出てしまってせっかく包茎が治ってもコンプレックスに感じてしまう事も考えられます。医師によっては、傷がわからない部分で切開したり、また細かく縫ってくれるので、手術をしたことが全くわからない仕上がりになることもあるのです。口コミなど、しっかりと確認して選びたいですよね。

痛みを軽減してくれる治療が求められる

包茎手術は、男性のデリケートな部分を切ったり縫ったりするため、恐怖を感じる人もきっと多いですよね。少しでも痛みを感じたくないという人がほとんどでしょう。医師によっては、麻酔注射を打つ前に表面麻酔を使ってくれたり、また極細の注射針を導入するなど痛みを感じない取り組みを行っている医師もいます。痛みによる恐怖を克服できれば、手術してみよう!と考える人も増えるでしょう。包茎治療は、医師の腕がとても重要となるので、後悔のないようじっくりと探しましょう。

肥満によって下腹部の表皮が押し出されて生じた包茎は表皮を切除してもすぐに再発することがあります。ダイエットによって肥満を解消し、表下腹部の表皮が押し出されない状態を保つことが最適な解消方法です。